テーマ:西川箕乃助

琉球新報の取材を受けました!

寒い日が続いておりますが みなさまいかがお過ごしでしょうか 先日来ご案内しております沖縄・中城城跡「GOSAMARU-勇者たちの物語-」公演について 西川箕乃助が琉球新報の取材を受け今回の公演に対する意気込みを語っております その記事が今朝掲載されましたので ぜひご一読ください そしてぜひ公演にご来場くださいませ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父と一緒に

すっかり春らしくなってまいりましたが皆様如何お過ごしでしょうか?久しぶりにブログ更新する西川箕乃助です。 五耀會事務局の報告にもありましたが、この度第68回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞致しました。これも偏に諸先輩方、家族、西川流門弟の方々、五耀會の仲間、そしていつも客席から応援してくださるお客様の後押しのお陰と深く感謝しています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西川箕乃助「第68回芸術選奨文部科学大臣賞」受賞!

皆さまいかがお過ごしでしょうか? 五耀會事務局より大変嬉しいご報告でございます 3月7日、文化庁より第68回芸術選奨が発表され 五耀會メンバーである、西川箕乃助が芸術選奨文部科学大臣賞を受賞いたしました 回を重ねること15回目を迎える昨年の「西川箕乃助の会」での 舞踊『ちょんがれ一休』他をご評価いただきこの度の受賞と相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松竹座五耀會の稽古もいよいよ佳境に

九州地方などに大きな被害をもたらした台風も過ぎ去り、日一日と秋の気配が感じられる今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?西川箕乃助です。 五年ぶりの松竹座での五耀會を間近に控え、その稽古も本格的になって来ました。今日は最後に踊る『鏡』の稽古を蘭黄さんの稽古場でしてまいりました。この作品は戦後に藤間藤子先生がお創りになった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪松竹座五耀會に向けて宗右衛門町に、あれっ?

皆様、9月に入りすっかり秋らしくなって来ましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか? 10月7日の五年振りの松竹座五耀會に向けて、松竹座のお膝元 大阪ミナミ宗右衛門町商店街も盛り上げてくださっています。 前回に引き続き電柱にバナー広告を40旗上げていただいています。 この地元の皆様の熱い応援に応えるべく、見応えのある公演にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本舞踊への誘い by 五耀會 in 大隈講堂

https://www.facebook.com/story.php?story_fbid=1401266759980863&id=100002926564038 空梅雨が明けたと思ったら梅雨のような毎日が続いていますが皆様、如何お過ごしでしょうか?西川箕乃助です。 まだ先のことですが10月18日(水)午後6時から早稲田大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンフランシスコ、ソウル、そして五耀會は怒涛の下半期へ

梅雨空の鬱陶しい毎日ですが如何お過ごしでしょうか?箕乃助です。 6月23日から30日までサンフランシスコに稽古に行って来ました。かれこれ30年以上になりますが、西川流の稽古場が有り、師範、名取も居るので年に2回(私は1回です)稽古に行っています。三十数年前とは当地の日系社会も様変わりしましたが、日系三世の支部長を中心に頑張って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正札附根元草摺

春を早々と通り越し初夏を思わせる今日この頃です皆様が如何お過ごしでしょうか? 西川箕乃助です。 以前にもお知らせいたしましたが、今週末に舞台が二つ続きます。先ず27日(土)には国立劇場主催公演『名作歌舞伎舞踊』での`草摺引`の五郎。今日はそのツボ合わせ(舞台稽古前の音楽家との打ち合わせをしながらの稽古)でした。また、28日には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西川会

桜も終わり一年で一番好きな春本番ですが、いかがお過ごしですか?西川箕乃助です。 一昨日は基さんとお母様主催のご一門の秀舞会、4月29日は寿楽さんと弟さんの錦会、5月21日は友五郎さん主催の舞扇会、そして5月28日は私の父である西川扇藏一門の西川会と4月5月にメンバー一門の会が続きます。 箕乃助は西川会の前日の27日に国立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立劇場主催 『名作歌舞伎舞踊』公演

く 三寒四温を繰り返しながら、春の匂いを感じる今日この頃です。皆様、お変わりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。西川箕乃助です。 五耀會メンバーそれぞれ大きな役をいただいた日本舞踊協会公演も終わり、ホッとひと息と言うところでしょうか。3月5日の『日本舞踊への誘い』では3月末から4ヶ月間、文化庁の文化交流使として欧米を廻る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本舞踊協会公演『七騎落』

本日第60回日本舞踊協会公演が開幕します。 昨晩、明日本番を迎える『七騎落』の舞台稽古をしました。 『七騎落』は30年ほど前に父が振付、初演した父の代表作で、能に題材をとった海津勝一郎氏の作です。初演から自分は主役の土肥実平の子供役である土肥遠平としてこの作品に出ていましたが、5年前の父のリサイタルで初めて実平をしてから一昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本舞踊への誘い そして 日本舞踊協会公演

立春も過ぎましたがまだまだ春の気配は先のようですね。皆様お変わりありませんか?いつも五耀會を応援📣くださり有難うございます。西川箕乃助です。 昨日は渋谷区の主催で渋谷区大和田伝承ホールで『日本舞踊への誘い by 五耀會』をいたしました。渋谷区が独自に古典芸能の普及 振興を目的に定期的に開催している寺子屋教室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年明けましておめでとうございます

昨年は五耀會にとっても飛躍の年でした。特に下半期の国立劇場50周年記念公演での『七福神船出勝鬨』、NHK古典芸能鑑賞会『川めぐり日本』、そしてインド デリーで現地アーティストとのコラボレーションと言った今までの五耀會の活動を認めて頂いた上で出演、参加を依頼された公演が相次ぎました。 何とか『観る日本舞踊』を認めてもらいたい、という…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平松駐インド大使公邸で

報告が前後しますが、一昨日の晩に日本国大使公邸にお招きいただきました。 美味しい日本食をご馳走になり、気さくな大使ご夫妻との楽しいひとときでした。当日の成果発表の公演にもご家族でお運びくださると伺い、国際交流基金デリー事務所では初めての事だそうで大変光栄に思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ五耀會インドへ

箕乃助はただいまサンフランシスコに居ます。西川流の名取がいるもので30年ほど毎年来ています。 そのサンフランシスコから12月2日に帰国して5日からいよいよ五耀會の面々とインドのデリーへ行って来ます。と言うのも(独法) 国際交流基金の仕事で、インドの弦楽器シタールで『羽衣』を、打楽器タブラで『三番叟』をと、インド音楽と日本舞踊とのコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西川箕乃助の会も終わりNHK古典芸能鑑賞会に向けて

10月に入ってもなかなか秋晴れとはいかず、ぐずついた天気が続いていますが如何お過ごしでしょうか?西川箕乃助です。 9月29日に沢山のお客様にご来場頂いた3年ぶりのリサイタルが終わりホッとする間も無く、NHK古典芸能鑑賞会に向けて稽古に追われています。リサイタルでは男女の愛というテーマで古典、新作一番ずつご覧いただきました。「二人椀…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

秋に向けての五耀會

東京は梅雨が明けず、さりとて雨も降らず水不足が心配、と言う中途半端な陽気です。皆様お変わりありませんか?箕乃助です。 6月から7月にかけて愛知県春日井市での「猿蟹合戦」、三越劇場「五耀會」と2週続けて公演があり、一時は打合せだ稽古だ下浚いだと二日と空けずメンバーと顔を合わせていました。三越劇場公演が終わったあとはホッと一息、とはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父との共演

梅雨真っ盛りのはずですが雨不足が心配です。箕乃助です。 今週の土曜日、18日に父のライフワークである「西川扇藏 素の会」が開催されます。紋付袴で踊る日本舞踊家ならではの舞踊会です。今月22日に88歳になる父が主宰するものですが終幕に父と「連獅子」を踊ります。十代の頃から何度となく父と踊ってきた「連獅子」ですが、88歳の親獅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連獅子と猿舞

ほんのひと月前までコタツに入っていたと思ったら、この所春を通り越して初夏の陽気の中、何となく半袖で過ごしています。最近、春と秋がどんどん短くなっているように思うのは自分だけでしょうか? 6月18日に私の父 西川扇藏がライフワークにしている素踊りで作品を綴る「西川扇藏 素の会」が催されます。会当日の数日後に満88歳を迎える父です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「素踊りの会」終了しました

昨日、国立劇場主催の素踊りの会にて 箏曲「鉢の木」を踊らせて頂きました。 初演時の国立能楽堂の雰囲気とは違い 慣れ親しんだ劇場だったので 気分的には安心感がありました。 振付や演出を変えての上演 良くも悪くも、少し練れたと思います。 今週末に兵庫で踊る「龍虎」と同様に 箕乃助さんと一緒に振付した作品 どちらも再…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鉢の木」「龍虎」そして「さるかに合戦」

少しずつ春の気配を感じる今日この頃ですがお変わりありませんか?西川箕乃助です。 日本舞踊協会公演が終わり、ほっとする間もなく今週末20日の国立劇場主催「素踊りの会」と26日にの兵庫県立芸術文化センター主催「初めての日本舞踊」が控えています。 「素踊りの会」では一昨年11月1日の古典の日に国立能楽堂で花柳寿楽さんと踊った箏曲「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猿蟹合戦

我々メンバーは今月20日21日の日本舞踊協会公演に向け、下浚いやら稽古やらとバタバタしています。西川箕乃助です。 その最中、3月26日(土) 兵庫県立芸術文化センター主催「初めての日本舞踊 第三弾」に五人で踊る「猿蟹合戦」の振付です。蘭黄さんが全体の構成を考えてくれ、それを元にメンバーそれぞれが知恵を出し合っての作業です。大阪の友…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けましておめでとうございます

穏やかな三が日でしたが、皆さんゆっくり過ごされましたでしょうか? 今年も五耀會は走ります‼ 東京MXテレビ「ようこそ桜の国へ」出演 1月24日 (日) 8時30分放映 兵庫県立芸術文化センタープロデュース はじめての日本舞踊 第三弾 3月26日(土)14:00開演 第20回 中日名扇会公演 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立劇場おきなわ での舞踊会

明日からいよいよ師走。あっという間の一年でした。西川箕乃助です。 先週になりますが11月23日に国立劇場おきなわ で西川流のお浚い会がありました。琉球舞踊の本場で日本舞踊?と思われると思いますが、戦後、奄美大島出身の初代 西川扇一郎と言う人が那覇に根づき、日本舞踊を広めたのが始まりだそうです。その孫弟子である会主が念願の初めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎座での西川会

だいぶ秋らしくなって来ましたが皆さん如何お過ごしでしょうか?西川箕乃助です。 芸術の秋とはよく言ったもので、10月の声を聞くと舞踊会も其処彼処で行われます。もっとも劇場が冷暖房完備の現在では盛夏の7、8月でも普通に行われますが、やはり秋晴れの清々しい空気の中での舞台というものは我々舞踊家にとっても格別です。 明日10月27日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五耀會 チャリティー公演 in 飛騨高山

8月中旬迄の猛暑は何処へやら、すっかり秋らしい今日この頃ですが如何お過ごしでしょうか?西川箕乃助です。 一昨日の日本舞踊への誘いはもとより、今年は5月の国立劇場主催公演「能狂言の舞踊」、7月の三越劇場での五耀會と大きな公演が続き、お客様の大きな後押しをとても強く感じることができました。毎度ながら有難うございます。その勢いをそのまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残暑お見舞い申し上げます!

メンバーそれぞれ忙しい日々を過ごしている中、一人家族旅行でサンフランシスコに出かけてきました。西川箕乃助です。 年に一回稽古に行っているサンフランシスコに家族と行って参りました。西川流の稽古場を当地で開くきっかけを作って下さったMr.&Mrs. Sekino、Mr.&Mrs. Kurata。それぞれご主人、奥様は亡くなられましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三越劇場 五耀會

梅雨空の鬱陶しい日が続きますが、お変わりなくお過ごしでしょうか?西川箕乃助です。 5月23日の国立劇場主催公演「能狂言の舞踊」に引き続き、五耀會メンバーによる公演が来週月曜日の7月6日に迫っています。今日はその打ち合わせで、劇場に参りました。東京での久し振りの自主公演で、三越劇場という空間を考えて素踊りを並べました。国立大劇場と違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さぁ今週末!

清々しい春は何処へやら、早くも初夏を思わせる暑い日が続いています。皆さんお変わりなくお過ごしでしょうか?西川箕乃助です。 この所の気候同様、今週末に行われる国立劇場主催公演「能狂言の舞踊」の稽古も佳境に入って来ました。今回このような公演で自分の子供と踊る機会をいただけたことは、大変有り難いことは勿論ですが親として当然ながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more