地歌「田螺」

47A7A879-A25F-4AE6-8B2F-EAE8E46B8239.jpegDDDAF872-2C19-4586-9E51-F46B18EBF0C3.jpeg
明日から再び寒波が襲来するそうですが、東京では少しずつ春の気配を感じる今日この頃です。
昨年2月の日本舞踊協会公演以来、コロナ禍により大きな舞踊会が開催できずにいましたが、3月4日に国立能楽堂で(公社)日本舞踊協会主催「特別日本舞踊公演」が開催されます。今日の読売新聞夕刊にこの公演の記事が出たように、五耀會メンバーもそれぞれブログ等に書いていますが、今は兎も角、その話題で持ちきりにしたいです😊
私は山村友五郎さんと山村流の地歌「田螺」をいたします。先日も大阪の友五郎さんの稽古場に伺ってきました。田螺を狙う烏、何とか烏のご機嫌をとって逃れようとするちょっぴり狡い田螺、そのやり取りを短くまとめたコミカルな「舞い」です。江戸の踊りと上方の舞い、慣れないことではありますが、何とか本番には皆様に楽しんでいただけるよう、仕上げていきたいと思います。
五耀會メンバーでは花柳寿楽さんが長唄「安達ヶ原」、花柳基さんが新曲「景清」、藤間蘭黄さんが長唄「風流船揃」をいたします。ほかに人間国宝 井上八千代師の地唄「水鏡」、水木佑歌さんの長唄「葵の上」一年振りの大きな舞台、皆、満を持して望んでいます。
ぜひご覧いただきたく、宜しくお願い致します🙇

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント