「鉢の木」「龍虎」そして「さるかに合戦」

画像

少しずつ春の気配を感じる今日この頃ですがお変わりありませんか?西川箕乃助です。

日本舞踊協会公演が終わり、ほっとする間もなく今週末20日の国立劇場主催「素踊りの会」と26日にの兵庫県立芸術文化センター主催「初めての日本舞踊」が控えています。
「素踊りの会」では一昨年11月1日の古典の日に国立能楽堂で花柳寿楽さんと踊った箏曲「鉢の木」を再演します。再演とは言っても初演が能楽堂と言う我々にとっては特殊な空間だったため今回の再演にあたり演出、振付も一部変えてご覧いただきます。箏曲には珍しく物語性のある作品で、寿楽さんと今週末の本番に向けて稽古にも熱が入ります。
「初めての日本舞踊」ではやはり寿楽さんと「龍虎」、そしてメンバー全員と「さるかに合戦」を踊ります。「龍虎」は2年前の日本舞踊協会公演で踊ったものでNHKにっぽんの芸能でも放映された作品です。初演時に寿楽さんと二人で時間をかけて振付けたため、振りを思い出すのに四苦八苦しています。「さるかに合戦」は今回初演で蘭黄さんが考えてくれた構成に沿ってメンバー5人で振り付けました。義太夫の浄瑠璃でとても分かりやすく、初めての日本舞踊という公演の趣旨にあった作品に仕上がっていると思います。

さあ、これから寿楽さんの稽古場で「鉢の木」と「龍虎」の稽古です。行ってきま~す!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック