歌舞伎座での西川会

画像

だいぶ秋らしくなって来ましたが皆さん如何お過ごしでしょうか?西川箕乃助です。

芸術の秋とはよく言ったもので、10月の声を聞くと舞踊会も其処彼処で行われます。もっとも劇場が冷暖房完備の現在では盛夏の7、8月でも普通に行われますが、やはり秋晴れの清々しい空気の中での舞台というものは我々舞踊家にとっても格別です。
明日10月27日(火)、久しぶりに歌舞伎座で西川会を開催いたします。西川会とは毎年行われる一門の会ですが、5年ごとに歌舞伎座で行ってまいりました。本来なら2年前がその5年ごとの年に当たりましたが、歌舞伎座の建て替えもあったため見送り、今年が父にとって数え88歳となるため米寿の記念ということで行う運びとなりました。一門の門弟も歌舞伎座ならではの演目を揃えてくれ、とても華やかな舞踊会になりました。
自分は今回昼の部のキリで「四季三葉草」を父の翁で三番叟を、夜のキリで「子宝三番叟」をやはり父と踊ります。両演目とも今まで何度となく父と一緒に踊ってきたものなので、イキも充分承知しているつもりですが、今回は改めて新鮮な気持ちで臨みたいと思います。
思い起こせば、この歌舞伎座で今の名前「五代目箕乃助」を襲名してから、はや22年。あっという間でした。この22年の間に自分は人として舞踊家としてどれだけ成長できたのだろうか……と最近つくづく思います。死ぬまで勉強との言葉を忘れずにこれからも進みたいと思います。

明日の西川会、お時間のある方、ぜひ覗いていただければと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック