日本舞踊 五耀會(ごようかい) 公式ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 紫紅会

<<   作成日時 : 2014/05/12 20:50   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

16年前の10月14日、蘭黄の祖母藤間藤子が他界した。
今年はその17回忌にあたる。
5月25日、藤間藤子17回忌追善「紫紅会」公演

祖母の高弟から若手まで、師範、門弟が一同に会し、藤子に所縁のある演目を上演する。
蘭黄は、母の蘭景と共に序幕に『しのぶ舞袖』、そして、藤子の作品『風の法師』を踊る。

『しのぶ舞袖』は、藤子の母、藤間勘八の追善のために藤子の振付で作られた作品。今回は藤子を偲び、新たな振り付けにより上演する。
作詞は坪内逍遥氏の甥で後継の坪内士行氏。勘八が、逍遥氏らが設立した文芸協会の日本舞踊教授をしていた関係で、藤子とも親交のあった士行氏に作詞を委嘱したという。因みに士行氏は坪内ミキ子さんの御尊父。

『風の法師』は、昭和59年の紫紅会に書き下ろされた作品で、「すたすた坊主」を題材にしている。
「すたすた坊主」は、江戸時代の大道芸人の願人坊主として、『浮かれ坊主』や『まかしょ』といった古典作品にも描かれている。その若いすたすた坊主が、旅を重ねながら江戸へ下る道中の哀歓を描いた作品。
初演以来、藤子自身で何度か再演を重ねている。
そして藤子他界の平成10年に、蘭黄も自身のリサイタルで初演。今回はそれ以来の上演となる。
16年の積み重ねがどのように滲み出せるのか。
挑戦である。R

ご多忙のところ恐れ入りますが、何卒ご来駕いただき、宜しくご高覧賜りますよう、ご案内申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紫紅会 日本舞踊 五耀會(ごようかい) 公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる